2006.07.06

■機動戦艦ナデシコ・ノベルテ+

どもども~。
ばっちり購入した「ノベルテ+」♪
やっと読み終わったのでご報告しま~す♪(≧▽≦)/

ざっくり言うと…
途中でも良いから、劇場版へ至るまでの小説を読みたい!!
…って方にはお勧めです(<どんなお勧めだ)
過剰に期待されると保証できないなぁ( ̄▽ ̄;)
…な感じ。(<正直に言っちゃうと)




『もしかしたら本屋で探す時間無いかもな~(・_・)』
…と思い、今回ネットで頼んで配送してもらっちゃいました。
(自宅に届くのが楽なので最近使いまくりだったり♪)

小包あけて最初の感想。

で、でかい!∑( ̄■ ̄;)

忘れてましたよ(汗)
大型本って書いてありましたね、確かに(汗)
A4サイズの2冊組。全160Pでしたっけか?
そりゃデカイわけだ(汗)

昨日の日記にも書きましたが、2冊は着脱可能でした。
2冊まとめて紙カバーでくるんであって、
カバーと冊子は粘着テープで留まってます。
その状態でビニールでくるんでありました。

分解すると↓こんな感じ。

20060706_1_2

右の黒冊子がムックで、左の白冊子が小説本です。

ムックはTVシリーズの設定資料集みたいな感じ。
眺めてると非常に懐かしいです♪( ̄▽ ̄*)
リマスタ版見直してみるかな…。

さて。
お待ちかねの小説♪
昨日はさわりを読んだ状態で「サブロウタ本」と
評しましたが、最後まで読んでみて訂正


サブロウタ×ルリ本だ!(爆)

もしくは、ユキナ→サブロウタ本か?(笑)
てことは正しくは、サブロウタ→ルリ本だな(爆)


ネタバレになりすぎない程度にざっくり紹介。

小説の舞台は、オオサキシティ。
アキト&ユリカ事故後にミナトさんに引き取られたルリルリが
サブちゃんと出会う時の話でした。

とにもかくにも…
サブちゃんてばカッコ良すぎですっ♪(≧▽≦)/

いやもう読んでビックリでした。
おいらの想定するカイトくんにやってほしい役割を
サブちゃんがモロやってる(がーん)
彼が秋山氏からの任務でルリルリの元へやってきた…って話は
どこかの設定集で読んで知ってたのですが、
こんなストーリーが隠れてたとはっ!?∑( ̄■ ̄;)
…サブちゃんの見方が大幅に変わりそうです。

個人的には、この当時のルリルリの状態を
知ることができたのも良かったです。
心情的にもの凄くドツボっておられる…(涙)
やっぱそう簡単に乗り越えられる事件じゃないよね(T_T)

しかし…

本当に途中で切れてるね…(|||||;)

『サトウタツオ通信』の日記でご本人も書かれてますが、
劇場版小説としてみたら、序盤も序盤。
そこすら終わってないままだったり(汗)
Rin 的には今まで知らなかったストーリーに触れられて大満足♪
なんですが、完結してなきゃイヤって人はやめた方が良いです。
不足分は脳内で自己展開しませう(笑)
こうやってSS書きたくなるんだな(笑)

完全版を読んでみたかった…という気持ちは消せませんが、
その一端でも垣間見れることができて嬉しかったです♪

佐藤竜雄監督&出版社さま

刊行ありがとうございました!!

| | コメント (0)

2005.03.02

■新明解国語辞典を読む

SSネタも固まってホロホロ~♪な気分で
お風呂から上がってくると相方が非常に嬉しそうに声をかけてきました。

「面白いものあるらしいぞ~『新明快国語辞典』( ̄▽ ̄*)」by 相方
「ふにぃ?あに?それ?( ̄- ̄?)」by Rin
「すっげー内容の国語辞典。まぁ聞けって。」

相方、すっげぇ楽しそう。

SS書き書きで頭いっぱい、
さらにお風呂あがりでのほほ~ん♪状態なRin 的には
はっきし言ってど~でもよかったのですが、
まぁ付き合ってやるのがここでの礼儀。

「あのな、例えばな… 『どうぶつえん【動物園】:
 生態を公衆に見せ、かたわら保護を加えるためと称し、
 捕らえて来た多くの鳥獣・魚虫などに対し、
 狭い空間での生活を余儀なくし、
 飼い殺しにする、人間中心の施設。(第4版)』

・・・・・。
危険信号感知。
ちょっとどころか、かなりヤバそう(爆)


「……おいら的にはあまり興味がないので、
 そこらで止めていただけないでしょうか」


「それからな… 『れんあい【恋愛】:
 特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、
 二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を分かち合いたい、
 出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、
 常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、
 まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと。(第5版)』



「人の話を聞けよ、おぃ!∑( ̄△ ̄#)」


相変わらず人(主においら)の言葉を聞かねぇ相方。
このモードに突入すると、何を言おうが、どう話をそらそうが
話しきるまで終わらないのが『My相方』という者。
話そらして15分以上別のネタで盛り上がったのにも関わらず、
元に戻って普通に続けやがったりするのだから始末におけない(汗)
あんときゃ、驚愕を通りこして恐怖を感じたよ、おいらはよ。


閑話休題。


こうなったら聞き終わるまで解放された試しが無いので
観念して付き合ったのですが、かなり笑えるネタでした。

なんせ、第4版にさかのぼると…

『れんあい【恋愛】:
 特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、
 出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、
 それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・
 (まれにかなえられて歓喜する)状態 (第4版)』

・・・をい(汗)

『がったい【合体】:
 ①起源・由来の違うものが新しい理念の下に一体となって何かを運営すること。
 ②「性交」の、この辞書でのえんきょく表現。(第4版)』

何だ!?その『この辞書でのえんきょく表現♪(てへ♪)』ってのはっ!?
いいのかよっ!?∑( ̄■ ̄;)


・・・・一番恐ろしかったのは・・・・






これは実在する辞典でした(爆)




三省堂:『新明快国語辞典』

この辞典の魅力をより詳細に知りたい方は↓のサイトへ行ってらっさ~い( ̄- ̄;)/
『新明解国語辞典を読む』


世の中…不思議なモノがあるもんなんだな。
ついつい買いたくなってしまったRinでした。まる。


であであ。


| | コメント (2)